障がい者アートで江東区が美術館に!「アートパラ深川おしゃべりな芸術祭」ボランティアに応募してみた

こんにちは、江東区の小松みきひで(@komatsumikihide)です。

江東区の深川エリア(駅でいえば門前仲町・清澄白河・森下など)を中心に、障がい者アートを展示する芸術祭「アートパラ深川 おしゃべりな芸術祭」が、今年11月15日~23日で開催されます。

新型コロナウイルスの影響もありますが、地域の方々を中心に実行委員会を立ち上げられ、11月の開催に向け準備を進められています。

なんとあのコシノジュンコ氏がスペシャルアドバイザーを務めるといったこともあり、区内でも黄色いポスターが目立つようになってきました。

そんな、「アートパラ深川 おしゃべりな芸術祭」の実行委員会では、11月の開催に向けてボランティア(アート・クルーと呼ぶそう)を募集されています。

期間中に、パンフレットの配布や誘導、アートの語り手、会場設営などといった役割を募集しており、さっそく今月からボランティア向け説明会も区内で開催されるそうです。

なんと、ボランティア参加者にはコシノジュンコ氏監修のTシャツもいただけるとか!(ミーハーなのでうれしい)私自身も、速攻でボランティア参加を申請してみました!

こちらの応募フォームから募集しているようです。延べ300名募集中とのこと、ぜひ一緒に参加して江東区、そして障がい者アートを盛り上げましょう~!

(※以下Facebookイベントページより引用)

【ボランティアの日程と概要】
活動の日程:11月14日(土)~11月23日(祝・月)募集対象 :高校生以上のボランティアが可能な体力がある方で、期間中1日以上お手伝い頂ける方
※18歳未満の方は保護者の方の同意をいただける方特典   :コシノジュンコさん監修の本芸術祭ボランティアTシャツの配布など

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です