ストレングスファインダーで強み・弱みを振り返ってみて【雑談】

こんばんは、江東区の小松みきひで(@komatsumikihide)です。

最近、自分の強みや弱みを改めて再認識したい、と思うことがあり、久々にストレングスファインダーの結果を見返してみました。

ストレングスファインダーとは、ドン・クリフトンさんという心理学者が開発した、「クリフトン・ストレングス」という個人の「強み」を分析するツールです。最近では、企業の人材開発などでも多く用いられています。

というわけで、コマツの強みを一挙公開!

第1位 学習欲

学び続けることが1位に躍り出ました。小さいころから社会学的な研究が好きだったので納得。

大人になってからは、新書を読み、思考に触れる機会もめっきり減ってしまったなあ…と思いながらも、最先端の知識や情報に触れることは諦めていないので、なんとか保たねば…!

第2位 社交性

人とつながることが強みのようです。たしかに一人でいるよりも、気心の知れたメンバーといることや、新しい出会いがある方が大好きです。

地域の集まりに参加したり、ボランティアを申し出たりして、地元の有力者の社交リストに載る方法を見つけましょう。

という政治家向き??なアドバイスも載っていました。笑

第3位 分析思考

学び続けること、コミュニケーションに次いで、また頭でっかち感ある「分析思考」がランクイン。

意思決定をするときにはとかく客観性や事実を重んじたいと思う癖はあるので、納得。「小松さんは、感情では流されないよね」とよく言われます。感情で攻めてもダメですよ(?)

第4位 未来志向

数か月後、数年後どうしようか、と未来のビジョンを描くことに強みがあるとのこと。その反面、「今この瞬間を楽しむことが難しいと感じることがある、今しかできないことにも目を向けよ」とのアドバイスも。ふむふむ。

あ、あしたペットボトルのごみの日だ…!(先週出し忘れて玄関前にペットボトルが山積する未来志向の無さ)

第5位 コミュニケーション

社交性に続き「影響力」関連である「コミュニケーション」がランクイン。言語能力に優れていてプレゼンテーションやスピーチが得意、というありがたい評価コメント。

その一方で…

盲点に注意しましょう。
あなたは生まれつきおしゃべりで、無意識のうちに自分の考えを共有しているため、自分が議論を牛耳っていることに気づいていないときがあります。他の人が何か言おうとしていないか注意を払い、彼らが意見を言えるように、自分がしゃべるのを止めることを考えてみましょう。

あなたは生まれつきおしゃべりで…… あっ、はい…

というわけで、トップ5はジャンルでいうと「戦略的思考性」「影響力」で占められていました。このほかに「人間関係構築力」「実行力」という系統もあるのですが、大丈夫か…ワタシ…

ちなみに番外編。

第7位 自我

わたしがわたしが~!となりがちな私。

強い「自我」の才能を備えるあなたは、自分の評判や成功を過度に気にしていると見なされることがあります。敬意は行動と貢献に対して払われるものだということを理解しましょう。

謙虚に生きねば。。

第34位 原点思考

最弱スキルは、原点思考でした。「原点思考」の資質が高い人は、過去について考えるのが好き、とのこと。なるほど。。。

ということで、強みと弱み、しっかりと認識をしたうえで、これからの人生を考えていきたいな、と思うところです。

後半になるにつれて、雑になってしまった…

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です