小川・音喜多の政調会長コンビが面白い?!同質化する立憲・維新の社会保障改革の青写真と、差がつく国民の期待への解像度

こんばんは、江東区の小松みきひでです。

今日は、我らが音喜多さんがBSフジの「プライムニュース」に出演。

2時間に渡り、自民党の甘利明元幹事長、立憲民主党の小川淳也政調会長とともに、政局からコロナ対策、社会保障制度まで幅広く議論が展開されました。

で、こちら。

立憲の小川さんは映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」や「香川一区」で、大変ピュアな方なのは存じ上げているのですが…

最初野党共闘は政策の一致が云々と見せかけて、司会者の反町さんに掘り下げられると「選挙区調整だ!」「何と言われても構わない!」と開き直り。。

たしかに甘利さんの選挙区など野党共闘で成果を挙げた選挙区も一部ありましたが、多くで失敗し、立憲は先の衆院選で議席を減らしました。

選挙区調整など、政治家の保身の都合にすぎず、コロナや経済低迷に苦しむ国民目線からしたら全く関係のない次元の話。

まして、調整の結果手を結んだのが、天皇制から安全保障の考え方、憲法に対する考えまで大きく異なる共産党というのですから、開いた口が塞がりません。

そういう姿を国民に見透かされていますよ、と切り込む音喜多さんの様子には、Twitterなどでも多くの反響が見られました。

前回、音喜多・小川コンビで登場した回はなかなか面白かったのですが…(笑)

今回も期待を裏切らず(!?)音喜多・小川コンビがファインプレーを決めてくれました。それがこちら。

いや、これはもう、誰もが認める名コンビだと思います。

2人の政治漫談もっと見たいので、YouTubeでコラボ動画撮って公開してほしいです!!と、全国の音喜多・小川ファンの皆さんを代表してブログで叫んでみる。笑

閑話休題。

ただ、ここで小川さんが話した内容を書き起こして「さてこれは誰が話したでしょうか!?」と尋ねられたとき、「あぁ、小川さんだね」となる人がどれだけいらっしゃるでしょうか。

極めて維新と同じような考えを持っていることに衝撃を覚えています。むしろ維新の議員かな、と思うレベルに政策が近しい。

そう。社会保障改革へのブループリントについては、立憲と維新でほぼ遜色がない、と言っても過言ではないのです。

もうこうなってくると、どちらが信頼に足るか。そこで見比べられて評価されるようになるでしょうし、その実態が今の立憲・維新間の議席数と支持率の逆転現象をもたらしているように思えてなりません。

というわけで、今回のプライムニュースはなかなか見応えのある会でした。

強いて言えば、玉木さんも同席してもらって今日の党大会の様子や今後の国会運営、選挙対応についても聞いてみたかったですかね。

見逃し配信はこちらで展開されていますので、是非ご覧ください!

https://www.fnn.jp/articles/-/313854

明後日からいよいよ町田市長選・市議選がスタート

現在、クリエイティブ回りで支援させていただいているおくざわ高広さんの応援へ。明日夕方には町田入りし、感染対策を万全にしながら、告示日に臨みたいと思います。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。