ラジオに出演して、地域メディアの可能性に目鱗になった話

おはようございます。江東区の小松みきひでです。いま宮崎県に来ています。南国はアツい。

さて、昨日は江東区のコミュニティFM「レインボータウンFM」さんで30分ラジオ番組のメインパーソナリティを務めさせていただきました。

その名も「こまつのラジオ」(笑)

あまり私自身はそう感じていないのですが、よく街頭演説とかをしていると「美声ですね」と言われることも多く、声を使ったお仕事ができるのはとても良い経験になりました。

テーマは「コロナ禍と地域メディア」

豊洲や有明、お台場などのお店やイベント情報が満載の「湾岸navi」さんとお話をさせていただきました。

なかはらPRを頑張る和合くん、留年自慢の?!タカジュンもありがとう…!笑)

勤務スタイルがテレワークになったり、遠出を控えるようになったりしたことで、「自宅近辺で過ごす」ということが多くなった人も少なくないと思います。

私自身も、「平日は出勤、土日はお出かけ」というスタイルによって、意外や意外に、「自宅回りの名店を知らないな」ということに気づきました。

そんな時に、地域メディアの出番!というわけです。

行って得するスポット、おいしい名店などのたくさんの情報が詰まっています。

Yahoo!の地域ニュースのライターも務めている和合くんの話によれば、Yahoo!の「地域」タブのビュー数はコロナ禍を通して数倍に増えたとのこと。

地域の関心が高まっており、地域メディアの可能性がうかがえます。

また、湾岸naviさんからは、子どもたちが遊ぶ公園のベンチの配置や、じゃぶじゃぶ池のお着換えスペースなど、ママ・パパ目線で改善が必要と思われることに対し、行政や政治に意見を発信し、改善に導くことができた、というエピソードも。

自治会のように、地域メディアが一つの「地域コミュニティ」として機能しているのか!と目鱗でした。

30分の短い時間でしたが、学びにあふれ刺激的な時間になりました。

そして、私の自宅近辺でもある、清澄白河や住吉のエリアの魅力をもっともっと見つけていきたい!と思いました。

自分のラジオ番組持ってみたいな。笑

ご視聴いただいたみなさん、ありがとうございました!

そして湾岸エリアの皆さんは、ぜひ湾岸naviさんを要チェック!!!

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です