こまつ的ダイエットを成功に導く3つのポイント

こんばんは、小松みきひでです。

こんな感じで落ち込んでいたのですが…

ひゃー!(テンションが高い)

というわけで、誰が求めているのか分かりませんが、圧倒的自己満足のもと、ダイエットを成功に導く3つのポイントを解説していきます。

筋トレ

「ダイエットの成功要素は運動と食事」などとよく言われますが、筋トレで人生は変わります。

筋トレからスタートするダイエットに取り組んでいるわけですが、色々な人から、「背中回りがやせた」「足が変わった」などお声がけをいただいています。

どうせ痩せるなら、効率的に痩せたいし、最終的には程よく筋肉のある、力強い魅力ある体になりたいですよね!!

不肖私、「隠れ筋肉がそこそこあるぽっちゃりタイプ」と、パーソナルジムに入りたての頃、体組成計で診断されたのですが、「ダイエットするぞー!カロリー制限や!水飲んで満腹感もGET!」みたいな誤った取り組みをするとすると、せっかくの筋肉量も落ちてしまう可能性が高いです。

しっかりと筋肉量も維持・向上させながら、ダイエットに取り組む必要があります。

また、筋肉も付きやすいところから攻めていくのが大切。脚周りから強化していくことがおすすめです。
(足のダンベル、レッグプレスは45ポンド左右3つずつ、15回2セット持ち上げられるようになりました…!)

ああ、ちょっと筋トレはめちゃくちゃ語れるので(笑)別記事にしよう…

高たんぱく、低脂質、低糖質の健康的な食事

続いて食事です。

これまでの小松は、半額シールが貼られた揚げ物コーナーが大好きだったのですが、ダイエットを機に揚げ物コーナーは卒業しました。。。
そこで目指しているのが、高たんぱく、低脂質、低糖質の食事です。

まずはたんぱく質から見ていきましょう。

私は体重が■■■■kgなので、■■■■gを目安に摂取しています(黒塗りって都合がいいですね)

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2020」によれば、成人男性は50g、成人女性は40gを推定平均必要量として設定されていますが、推奨量は気持ち多めですね。

特にダイエット目的含め、スポーツをされている方は、筋肉を減らさないために(!)適切なたんぱく質摂取が必要です。参考まで、私は現在100g/日をに摂取しています。

プロテインを飲む、豆腐や肉、卵、甲殻類など食材から摂取する…など様々ですが、無理のない範囲でベストミックスしていくことが良いと思います。個人的には、タンパクトシリーズがおすすめです。

脂質・糖質は言わずもがなですね。ちなみにご飯やパンなど炭水化物を取る機会は1日1食までにしています。

有酸素運動もやってみよう

ということで、筋肉は増えた気がするけど、お腹周りがなかなか減らない…ということで始めたのが有酸素運動です。

よくジムでも、ウェイトトレーニングに入る前にバイクからスタートすることも多いですが、有酸素運動は一定時間(15分~20分)以上やると、脂肪が燃焼されるようになります。

今日も六本木にあるジムから江東区の自宅まで(電動だけど)自転車で帰る、帰宅後1時間ほどちょっと早めのウォーキングで有酸素運動を取り入れてみました。

20分ほどやると、じわっと汗をかき始め、脂肪燃えてるな…!という感じがしてきます。(いや、ほんとに)

ただ歩くのでもなく、走りこむのでもなく。継続できる、ちょっと負荷がかかった状態が大切です。
今日1時間歩いてみて、128BPMの曲をかけながら歩く小松メソッド(大丈夫か…)を立案したので、これは後日またブログにします。

ちゃんと歩いたで〜

ああ、健康になるって素晴らしいことだな。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です