大接戦の「大阪都構想」住民投票はもう間近。いざ、大阪へ!

新幹線のなかからこんばんは、江東区の小松みきひで(@komatsumikihide)です。

10月12日より告示され、いよいよ今週末に投票日を迎える「大阪都構想」の応援へ向かっています。

実は、告示前のタイミングで大阪入りをしていたので、今月2度目の大阪です(GoToトラベルキャンペーンに感謝…?!)

5年前の住民投票の際には、当時大学生。それこそ、音喜多さんとも出会う前で、政治にここまで関わっていませんでしたが、
「大阪の民主主義は大きく進化した」と当時の橋下市長が否決が決まった後の記者会見で語っていたのがとても印象に残っています。

実際に街中で街頭演説をさせていただくと、「チラシの受け取りがいい」というレベルではなく

「住所が長くなるって聞いたんやけど、実際どうなるん?」「○○は政令市のサービスや、って反対派から聞いたんやけどほんまなん?」と立ち止まって質問をしてくださる方もたくさん。

先のツイートにも記載したのですが、喫茶店の女性店主からは、都構想が、住民自治を拡充すること、二重行政をはじめとする行政の無駄遣いをやめさせる仕組みと、10年間の維新の改革の成果を熱弁いただき「なんで私がこんなしゃべっとんねん!あなたが説明する内容全部しゃべってもうたわ!」と大阪らしいツッコミ(笑)をいただいた方との出会いがとても印象的でした。

前回の活動はたった1日の参戦でしたが、「まさにこのことか!」と痛感させられ、はっとしました。

反対派は、事実と基づかないデマを喧伝し、「恥ずかしくないのか」と思ってしまう浅ましい発言続きですが、住民投票は大混戦。「きっと大丈夫だよ」が通用しないギリギリのラインにいます。一瞬でも気を緩めたら負けてしまうのでは、という危機感が東京にいながらでも伝わってきます。

少し政治活動をお休みしていたので(?!)体力は万全! 
持ちうるすべてのパワーを、この2日間、大阪のため、次の世代のため、東京を含め日本全体のためにつながる都構想の可決に向けて全身全霊をつくします。

本日はこのあと16時半から新大阪駅東口で、活動に参加します!

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です